犬のしつけとはお手はお座りなどの芸を仕込むことではなく、人と一緒に暮らすためのマナーを犬に教え、また飼い主も犬のことを理解する ことを犬のしつけと言います。

しつけを間違うと噛み癖がついたり無駄吠えが止まなかったりし飼い主はおろか犬にとってもストレスが溜まってしまいます。治そうとしつけの本を読んでも具 体的にどう対処していいのか分からない。プロのドッグトレーナーに数日間あずけてもしばらくすると元通りになってしまいます。

正しい犬のしつけを飼い主が知ることで友として暮らせるのではないかと思います。

犬はリーダーを常に求めています。飼い主がリーダーとなれば問題ありませんが犬の習性を知らずに間違った飼い方をするとリーダーが居ないなら自分がならな ければと犬は勝手に勘違いし手の付けれないダメ犬が誕生してしまいます。ダメ犬というと犬が悪いように聞こえますが実際に悪いのは飼い主です。常にだっこ したり服を着せたり犬のあとを付いて回ったりしているとこのような状況に陥ります。

名前の呼び方や褒め叱る言葉を家族で統一しましょう。叱るときについ名前を叫んでしまいそうですが犬は自分の名前を呼ばれて叱られると混乱してしまいま す。家族で話し合い最初からきちんと決めておきましょう。

アイコンタクトを活用します。よく人の目を診て話せといいますが気持ちを伝える時にアイコンタクトを取る方法というのは犬に対してもとても有効です。正し くしつけられた犬は常に飼い主の顔を見ていますのでまわりからみても一目瞭然です。

スキンシップも重要です。声を掛けながら全身を撫でてやりましょう。

体を抱き上げてあげましょう簡単に抱き上げることで犬は飼い主の力をしり自分より上位にいると認識します。このとき間違っても胸以上の高さに持ち上げては いけません、犬の顔が主人の顔より上にくると犬は自分の方が偉いと勘違いしてしまいます。

人間の子育てと同じですが叱るより褒めることが大切です。簡単な号令をだし上手く出来たら思いっきり褒めてあげましょう。リーダーから褒めてもらうことが 犬にとって一番の幸せとなります。 あなたも犬 のしつけ 無駄吠えと噛み癖を治す方法を身につけてください。

犬のしつけ ‐ TVチャンピオン2回優勝者!遠藤和博の犬のしつけ講座

トップページ

我家の犬たちリンク

無駄吠え

噛み癖

正しく治す方法

上手な飼い方

下手な飼い方

室内犬 のしつけと飼い方

犬を飼おう

犬のしつけ